ApplePencilの代わりにWinWillのスタイラスを買ってみた第一印象

thumbnail for this post

会社のiPad+ApplePencil(2nd gen)を使っていてなかなかユーザー体験が良かったものの、退職にともなってApplePencilもろもろを返却。私物のiPadで使える代替ApplePencilでいいのがないかと探してみて、ダメ元で安いものを購入。

まだ届いて軽く触った程度なので、あくまでもファーストインプレッションレビューとしてご参考。

WinWillのタッチペン

3000円以下で買えるので、本物のApplePencilに比べると相当リーズナブル。

Image from Gyazo

内容物は以下。

  • ペン本体
  • 充電用のUSB-A・USB-Cケーブル
  • なぜかUSB-A・USB-Cアダプタ
  • 交換用のペン先3つ

ほかに怪しい「3周年感謝!」なるカードも入っていて、レビュー書くとアマギフあげる的なやつだったものの、怪しいので破棄。

Image from Gyazo

画像の面から見ると、ペンの見た目自体はApplePencilとなんら変わりなく、よくできている印象。

Image from Gyazo

しかしイマイチな点として、充電用のUSB-C端子メス。機能的には問題なさそうに見えるものの、ちょっとダサいのと、繰り返し充電しているとすぐ折れてしまいそうな印象。このへんはお値段相応というところか。

Image from Gyazo

充電時の様子はこんな感じ。付属のケーブルとペンとの相性が微妙なのか、かなり力を入れないとケーブルがささらなかった。手元にあったほかのUSB-Cケーブルはそこまででもなかったので、他のを使えばそれで問題なさそう。

Image from Gyazo

いきなりイマイチな点から入ったものの、(画像だと見づらいけれど)左側、本物のApplePencilと同様iPadにマグネットで付くところは良い。付けておけば本物と見分けがつかなさそう。

Image from Gyazo

実際に書いてみた様子。こちらも、イラストや絵を書いたり、本気で使い込む人でなければ全く問題なさそう。自分の用途は、手書きのメモを書いたりPDFに書き込んだりする程度なので、こちらの安いスタイラスで十分だと感じた。

Bluetooth接続も不要で電源をつけるだけという点も良い。またパームリジェクションにも対応しているので、本当に「何も気にせずシンプルに使える」ものが「本物より安価で手に入る」というのは、いいポジションにある製品だと思う。

Yoshiki Ito
Yoshiki Ito
山形出身 千葉在住 テストエンジニア&ブロガー
2022-12-22

Tags